令和2年度 病院情報の公表

当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆さんに情報公開をしています。
公開にあたり、「医療法における病院等の広告規制について」のガイドライン等を遵守しております。

 ※ 厚生労働省ウェブサイト 医療法における病院等の広告規制について

【集計対象】
・令和2年4月1日から令和3年3月31日までに退院された患者さんのデータ

【集計対象外】
・入院後24時間以内に死亡した患者さん、または生後1週間以内に死亡した新生児のデータを除く。
・医科レセプト対象の患者さんのデータを集計するため、自動車賠償責任保険や労働者災害補償保険等、または分娩などの自費診療の患者さんのデータを除く。

具体的にDPC病院が情報公開するのは次の7項目です。

  • 年齢階級別退院患者数
  • 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  • 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  • 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  • 脳梗塞の患者数等
  • 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  • その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 788 156 144 303 368 716 1217 2257 1719 330

ファイルをダウンロード

【定義】
・集計期間(令和2年4月1日~令和3年3月31日)に退院した患者さんの年齢階級別(10歳刻み)の患者数を集計しています。
医科保険適用患者さんが対象となり、24時間以内の死亡、交通事故、労災、自費等の患者さんは含まれていません。

【解説】
・循環器および関連領域に関する高度の専門的医療を必要とする受療者を受け入れ、その診療と社会復帰のために一致協力して安全かつ適切な医療を提供できるように努めております。
・令和2年度の退院患者数は7,998人で、高齢社会を背景に循環器病疾患の有病率が増加していることから、最も多い年齢層は70歳~79歳で、全体の28.2%となっています。産婦人科病棟を有していることもあり、0歳~9歳の年齢層についても9.9%を占めており、新生児から高齢者まで、幅広い年齢層の患者さんに対応できる機能を有しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 915 4.46 4.95 0.11 64.48  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 806 3.99

4.44

0.62 73.00  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 401 3.45 3.07 0.50 69.72  
050080xx9910xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 357 4.01 5.77 0.84 71.62  
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 323 4.21 3.26 0.00 73.92  

 

【定義】
・診療科別に患者数の多い診断群分類の平均在院日数、転院率、平均年齢を集計しています。

【解説】
循環器内科の症例で最も多いのは不整脈に対するカテーテル治療入院で、次に多いのは、狭心症のカテーテル治療入院です。循環器内科では的確な診断と高度な治療を行っています。 急激に症状が起きた場合の緊急治療から、原因となる動脈硬化に対する継続的治療まで、高いレベルの技術・最新の医学的知識・豊富な臨床経験を駆使して対応します。

心臓血管外科(小児)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 209 3.20 4.31 0.00 10.91  
050070xx9900xx 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 68 4.44 7.09 0.00 31.34  
14031xx09900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 61 3.33 6.19 0.00 10.56  
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2 なし 59 4.27 5.77 0.00 5.95  
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2 なし 50 24.66 24.74 2.00 8.90  

 

【解説】
産婦人科病棟では、心疾患を患っている胎児の分娩にも対応しており、胎児から新生児、乳幼児、学童、そして成人に達した方まで、幅広い年齢層の患者さんを担当しております。

心臓血管外科(成人)

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 242 18.72 22.56 4.96 64.95  
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 86 21.73 29.23 43.02 69.55  
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 75 1.08 2.74 0.00 71.13  
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 68 20.75 22.22 13.24 72.81  
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 1,2あり 手術・処置等2 1あり 59 22.59 27.51 5.08 64.56  

 

【解説】
心臓血管外科(成人)では、虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈疾患、下肢静脈瘤などを扱っています。
最も多い症例は、弁膜症に対する手術で、次いで解離性大動脈瘤に対する手術、下肢静脈瘤に対する手術となっております。また緊急治療を要するものは、循環器内科との連携のもと24時間受け入れ態勢をとっています。重症例に対しても積極的に手術を施行し、治療目的として単なる延命ではなく、生活の質(QOL)向上を目的に治療しています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx99xx0x 胎児及び胎児付属物の異常 手術なし 定義副傷病 なし 42 5.52 6.13 4.76 32.38  
120270xx97x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 33 17.36 9.16 0.00 32.45  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 28 10.89 9.45 0.00 36.11  
120270xx99x0xx 産褥期を中心とするその他の疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 26 9.65 6.73 0.00 31.54  
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 16 3.06 5.39 0.00 35.88  

 

【解説】
分娩背景としては、母体に心疾患のある例が25.9%、胎児に心疾患のある例が20.9%、母児ともに心疾患のない例が53.2%です。①母体に心疾患がある例の妊娠・分娩管理②児に心疾患がある例の妊娠・分娩管理③母児ともに心疾患のない例(妊娠糖尿病例、無痛分娩希望例などを含む)の妊娠・分娩管理 の3つを診療の柱としています。医学的アドバイスを十分理解していただき、本人の希望、家族の意志を尊重し、他科との協力の元で集約的な管理を行っています。また、産後を含めた周産期管理を行っているため、低出生体重児の検査、経過観察入院の件数も多くなっています。
臨床遺伝科・小児科と協力して、当院の特徴を生かし、胎児超音波検査により心疾患をはじめとした胎児診断を積極的に行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発  再発  病期分類基準(※)  版数
STAGE I  STAGE II  STAGE III  STAGE IV  不明
胃癌

大腸癌
乳癌
肺癌
 肝癌 –  –   –  –  –  –

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

ファイルをダウンロード

【定義】
・初発患者はUICC TNM分類の病期分類により集計しています。
・再発患者(部位によらない)は集計期間内の患者数を集計しています。

【解説】
当院は循環器の高度専門病院であることから、精査の結果、循環器領域以外の疾患と診断された場合は、近隣の医療機関を紹介しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽度

中等症 12 15.50

71.92

重症

超重症

不明

ファイルをダウンロード

【定義】
・集計期間に退院した20歳以上の患者さんを対象に集計しています。
・市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎をさします。
・入院契機傷病名および最も医療資源を投入した傷病名に対するICD-10コードがJ13~J18$で始まるものについて、患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。

【解説】
中等症以外は10人未満でした。軽症の場合でも循環器疾患の既往があれば重症化を危惧され入院となるケースがあります。

脳梗塞の患者数等

 

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内

その他

ファイルをダウンロード

【定義】
・最も医療資源を投入した傷病名に対するICD-10コードが一過性脳虚血発作及び関連症候群(G45$)、脳梗塞(I63$)、脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの(I65$)に該当するものの患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。

【解説】
該当する患者さんは10人未満でした。
当院は心臓の治療を中心としているため、脳梗塞については近隣の医療機関を紹介することで、地域医療連携を推進しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢  患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 764 1.72 2.20 0.13 65.98  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 606 1.90 1.74 0.50 73.25  
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 200 5.06 8.96 6.50 85.42  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 163 1.54 1.58 0.00 57.72  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 141 0.07 5.89 2.13 73.62  

 

【定義】
・Kコードにより患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
・入院中の主要な手術1つのみを集計しているため、手術の実施件数とは一致しません。
・輸血関連、軽微な手術(創傷処理など)は除外しています。
・術前日数、術後日数、転院率は、各手術の患者数の平均となります。

【解説】
不整脈に対するカテーテル治療を積極的に実施し、適応を広げてきています。患者数の多い経皮的冠動脈ステント留置術はもとより、TAVI/TAVR(経カテーテル大動脈置換術)・MitraClip(経皮的僧帽弁接合不全修復術)・WATCHMAN(を用いた左心耳閉鎖治療)などの先駆的な治療を、習熟した術者を中心に安全で安心な環境で実施しています。

心臓血管外科(成人)

Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢  患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 122 4.79 17.37 12.30 69.25  
K5551 弁置換術(1弁) 105 4.49 18.79 10.48 71.02  
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 74 0.00 0.00 0.00 70.97  
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行・弓部同時)(その他) 64 2.38 20.98 35.94 70.17  
K555-31 胸腔鏡下弁置換術(1弁) 63 3.11 13.46 6.35 66.03  

 

【解説】
急性心筋梗塞や狭心症に対する手術が最も多く、次に弁置換術、下肢静脈瘤血管内焼灼術、大動脈瘤切除術となります。
胸腔鏡下弁膜症が増えてきているのが特徴であり、より侵襲の少ない手技で患者さんの負担を少なくし、生活の質(QOL)向上に努めています。

心臓血管外科(小児)

Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢  患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 62 2.24 9.10 0.00 3.81  
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 33 3.09 12.88 0.00 0.97  
K5551 弁置換術(1弁) 29 4.17 20.72 3.45 23.86  
K5702 肺動脈狭窄症手術(右室流出路形成又は肺動脈形成を伴う)等 25 8.64 27.72 8.00 7.72  
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) 24 2.38 10.33 0.00 5.50  

 

【解説】
心臓病のお子さんに低侵襲な診断・治療法で行うことも大切な課題です。近年は、適応に合わせて、積極的に心房中隔欠損症・卵円孔開存症・動脈管残存症などに対するカテーテル治療を行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均年齢  患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 28 3.79 7.43 0.00 36.39  
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 25 9.32 9.60 0.00 32.92  
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 14 0.07 0.14 0.00 37.86  
K893 吸引娩出術 10 3.70 9.70 0.00 32.00  
K901 子宮双手圧迫術(大動脈圧迫術を含む)  

 

【解説】
予定の帝王切開、自然分娩がハイリスクな患者さんの分娩、分娩時異常に対する帝王切開術(緊急)等の対応を行える体制を整え、経膣分娩および帝王切開を選択しております。なお、無痛分娩は 51件(25.0%)行っており、母体心疾患を理由とした医学的適応によるほか、妊婦の希望により、昨年度よりも増加傾向です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC

傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一

異なる

180010 敗血症 同一

異なる

180035 その他の真菌感染症 同一

異なる

180040 手術・処置等の合併症 同一

82

1.03

異なる

 

【定義】
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示しました。医療資源を最も投入した傷病名と入院のきっかけとなった傷病名が同一かそれ以外かで件数を示しています。

【解説】
『手術・処置等の合併症』は、感染(創部感染やペースメーカ-植込み等)がありますが、発生率は約1%となっております。

病院指標の説明

病院指標の説明

 

病院指標の公表(令和元年度)

 

 

更新履歴

2021.9 病院指標 令和2年度分を掲載しました。