高額療養費・限度額適用認定

高額療養費・限度額適用認定とは

医療費が高額になる方に対し、申請により医療費を助成する制度です。
「限度額適用認定証」の取得手続きを行うことで、医療機関窓口での支払いが、定められた自己負担上限額分と保険診療外の金額のみとなります。
保険診療分以外の医療費(差額室料、食事療養費、診断書料や分娩費など)は限度額の対象となりません。

平成29年8月から、70歳以上の方の上限額が変わりました
※上記URLをクリックしますと外部サイト(厚生労働省)に移動します

対象者

健康保険に加入している方

助成内容

支払った医療費のうち、自己負担上限額を超えた分が、健康保険から支払われます。当院にご入院の場合、請求書の「保険分合計額」の1ヶ月(1日~末日)分合計が、一定限度額以上であれば払い戻しの対象となります。
また、
外来分は合計できません。

限度額

限度額は所得に応じて3段階になっており、所得とは前年度分の申告にもとづきます。

70歳以上で3割負担の方の区分 70歳未満の方の区分 標準報酬月額 自己負担上限額 4回目以上
現役Ⅲ 83万円以上 252,600円+(総医療費-842.000円)×1% 140.100円
現役Ⅱ 53万円~79万円 167,400円+(総医療費-558.000円)×1% 93.000円
現役Ⅰ 28万円~50万円
80,100円+(総医療費-267.000円)×1%
44.400円
  26万円以下 57,600円 44,400円
  低所得者住民税非課税 35,400円 24,600円

 

 1年間に4回以上対象となる場合は、4回目以上欄の額になります。
市区町村民税非課税の方は、食事療養費(460円/一食)が減額されますので、市区町村の健康保険の窓口にご相談ください。
世帯合算・・・同一世帯で複数の方が、同じ月にそれぞれひとつの医療機関に対して入院と外来を別にして21.000円以上の保険負担分医療費を支払っている場合は、合算することができます。合算額が、上記限度額以上であれば払い戻しの対象となります。

申請の窓口

あなたの健康保険の保険者(保険証に記載があります)

国民健康保険の方 市区町村の国民健康保険課 高額療養費担当
社会保険の方 社会保険事務所
共済保険の方 組合の健康保険担当

申請の手続き

  1. 病院の領収証を持って、上記窓口に申請をしてください。
    申請に必要なものについては、申請の窓口に直接ご相談ください。
  2. 2~3ヵ月後に払い戻しが行われます。*国民健康保険の方は、特別な手続きをしなくても該当する場合には保険者から2~3ヵ月後に連絡があります。

限度額適用認定証について

限度額適用認定証をお持ちの方は、病院で入院費の支払いが自己負担限度額までとなります。限度額認定証は保険者で発行されますのでぜひ入院前に手続きし、ご入院の際に入退院受付にて認定証を提示してください。
認定証の手続きが遅れると入院費の保険自己負担分をお支払いいただき、通常の高額療養費制度の適用によって後日の還付となる場合があります。

お問合せは
ご不明な点は、入退院係、またはソーシャルワーカーにご相談ください。

所在地 〒183-0003   東京都府中市朝日町3-16-1
電 話 042-314-3111(代)
電話受付時間 月曜~金曜日 9:00~17:00
土曜日      9:00~12:30