【重要】新型コロナウイルス対策に関するお知らせ

心疾患の症状がみられる方、紹介を受けた方、受診を希望されている方は、迷わず早めの受診をお勧めします。

1月に入り、新型コロナウイルス感染症は更に拡大が続いています。当院は感染防止対策をより厳重に実施し、従前どおり外来・病棟診療を行っています。
冬季になり、心血管疾患が増加しています。新型コロナウイルス感染対策と同時に、心臓病、心不全への対策も注意を続けることが必要です。引き続き、皆様のご理解をお願いいたします。
当院では、最新のコロナウイルスの定量抗原検査や迅速PCR検査を院内に導入して、積極的に職員・患者さんの感染チェックを行っています。

当院では、新型コロナウイルスによるクラスターを発生させないために、引き続き院内職員一丸となって感染予防対策を重点対策として取り組んでいます。

  • マスク着用・手洗いを徹底しています。
  • 体調不良を自覚した場合は、直ちに報告し、自宅療養をしています。
  • 院内の環境整備・消毒を徹底しています。院内会議は、短時間で実施し、情報伝達・共有などは、メールを活用しています。
  • 職員に関わる、院内での面会・見学・研修は原則禁止しています。
  • 不要不急の外出と会食の自粛をしています。

当院は、新型コロナウイルス感染症の患者さんの受け入れ病院(外来・入院)ではありません。

当院では非常勤の専門医が、毎週心臓病に伴う呼吸器病・感染症の診療をしていますが、感染症を専門に診る外来・病棟はありません。
そのため東京都、保健所とも協議して、現状では病院の特質を生かして、地域ならびに新型コロナ感染症診療のため一般診療が難しくなった地域全体の心臓血管病患者さんや妊婦さんの診療を広く受け入れ、近隣や隣接県の病院の後方支援に徹し、重症心血管救急診療の砦として活動しています。

ご入院される患者さんへ

当院に入院予定の患者さんには、入院前の外出、会食、面談などを極力控えていただき、また、マスクの着用と社会的距離の確保に心がけていただくようお願いします。ご入院までの感染予防と体調管理を万全に行って頂くようお願い申し上げます。
当院を利用するすべての患者さんが安心・安全に受診できるように、院内感染防止にご協力ください。

  • アルコール消毒や石鹸による手洗い
  • マスクの着用
  • 面会の制限
  • 外出及び外泊の制限

入館されるみなさまへ

◎マスクの着用
◎アルコールによる手指の消毒
◎検温の実施(AIサーマルカメラ)

外来を受診される方、新たに入院される方、ご面会をされる方が入館される際には、上記のご協力をお願いしております。ご面会を希望の方が熱や症状がある場合、ご入館をお断りすることがございます。ご自身で体調に十分ご留意ください。

当院入口の入館時間帯制限

20:00~8:00の間、入館できません。

病棟の面会制限

病棟の面会制限

産科病棟の対応

産科病棟の対応

院内の新型コロナウイルス感染者数

院内の新型コロナウイルス感染者数 集計

感染症対策実施医療機関の登録

当院は、感染防止対策の取り組みについて、日本医師会が作成するセルフチェックリストの全てを実践しています。

病院長からみなさまへ

この状況にあっても心臓血管疾患の発生は決して減っているわけではありません。特に心臓血管疾患は時に急に悪化することもあり、早期診断・治療がより重要な病気です。この状況で病院を受診されることをためらわれる方もおられるかとは思いますが、わずかな受診の遅れが生死を分ける事もまれではありません。

当院では万全の感染防止体制で皆様の診療にあたり、地域のみならず東京都全体の心血管救急診療を支えております。心臓血管疾患をご心配の方・症状のある方には遅滞のない受診を強くお勧めします。どうぞ医療連携室予約担当(電話042-314-3141)までご連絡をお願いします。

榊原記念病院 院長
磯部 光章