Mitsuaki Isobe

院長

磯部 光章

Mitsuaki Isobe

メッセージ

当院は胎児期から終末期までの心臓血管病診療を行う専門病院です。患者志向で良質の診療を提供することを病院の目標としています。これまで力を入れてきた救急や重症の心血管疾患はもとより、今後は高齢者に激増している心不全のケアにも注力して参ります。

私自身は、心不全、心筋症、心臓移植、動脈硬化、血管炎の診療・研究を専門としています。同時に長い大学での教員生活の中で、医師や医療スタッフの医療コミュニケーションの教育に携わってきました。患者さんお一人お一人がご自身の人生の中で遭遇するそれぞれの健康問題に、患者さんの立場に立って最善最良の診療を提供することで、患者さんに満足いただける医療を目指しています。特に診療にあたっては循環器疾患を中心に全身のケアをするよう常に心がけています。

経歴

1971年4月 東京大学教養学部理科II類入学
1978年3月 東京大学医学部医学科卒
1978年6月 東京大学病院内科研修医
1980年1月 三井記念病院内科医員
1985年8月 東京大学医学部第3内科助手
1987年8月 ハーバード大学マサチューセッツ総合病院心臓内科
1993年7月 信州大学医学部第1内科助教授
1999年10月 東京医科歯科大学医学部第3内科助教授
2001年4月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科循環制御内科学教授
2017年3月 同大学特命教授、名誉教授
2017年4月 榊原記念病院院長
2017年9月 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会常務理事
2018年7月 公益財団法人日本心臓血圧研究振興会専務理事

所属学会

所属学会:2012年~2016年日本心不全学会理事長・名誉会員、日本内科学会功労会員、日本循環器学会特別会員・FJCS、日本脈管学会名誉会員、日本心臓病学会功労会員、日本適応医学会理事長(2015年)、日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会理事、日本心臓移植研究会副代表(~2017年)。日本腫瘍循環器学会監事、国際的には国際移植学会、国際血管生物学会議、欧州心臓病学会、米国心臓協会、国際心臓研究学会など数多くの国際学会の外部委員、学協会の役職を兼務。

主催学会:第 14 回日本適応医学会(2010 年)、第 14 回日本心不全学会学術集会(2010 年)、第 29 回日本心臓移植研究会学術集会(2010 年)、第 28 回国際心臓研究学会日本部会会長(2011年 )、第 1 回日本心筋症研究会(2016年)、第 56 回日本脈管学会(2015 年)等数多くの学術集会を会長として主催。

その他:2014 年から日本学術会議会員。同臨床委員会幹事、循環器・内分泌・代謝分科会委員長

学会指導医等

医学博士、認定内科医、循環器専門医、日本循環器学会認定FJCS、日本心臓病学会特別正会員(FJCC)、日本高血圧学会FJSH、日本高血圧学会専門医・指導医、脈管専門医、日本動脈硬化学会専門医、日本移植学会移植認定医、日本成人先天性心疾患学会専門医、Fellow of European Society of Cardiology、難病指定医.

雑誌編集委員: Circulation Research、Arterioscler Thromb Vasc Biol、J Moll Cell Cardiol、Circulation Journal、International Heart Journal、Journal of cardiology、日本内科学会雑誌編集委員、日本医師会学術企画委員

専門

心不全、心筋症、心臓移植、高安動脈炎、動脈硬化、心臓移植、地域医療

公的役職

厚生労働省:臓器移植委員会委員長、厚生科学審議会委員、厚労省難治性疾患政策研究事業評価委員会専門委員、薬事・食品衛生審議会委員、患者申出療養評価会議専門員、先進医療会議技術委員、脳卒中・心臓病その他の循環器病に係る診療提供体制の在り方に関する検討会構成員、副作用・感染等判定委員、難病情報センター情報企画委員

心臓移植関係:心臓移植委員会委員長、心臓移植適応小委員会委員長、臓器移植関連学会協議会委員

日本学術会議:臨床部会幹事、循環器・内分泌・代謝委員会委員長、医学教育委員会幹事

その他:共用試験実施評価機構OSCE 委員会部会長、NEDO、PMDA の委員等(前職を含)

研究班

・厚生労働省ミレニアムプロジェクト「安全な移植技術」主任研究員(2001 ~ 03)

・日本循環器学会TR 振興事業「核酸医薬溶出バルーン/ ステントの開発」主任研究者(2011 ~ 13)

・厚労省難治性疾患実用化研究事業「大型血管炎」分科会長(2014 ~16)

・AMED「心不全の心リハ、多職種介入」主任研究者(2016 ~2019)

・厚生労働省「地域のかかりつけ医等を中心とした心不全の診療提供体制構築のための研究」主任研究者(2018~)

受賞

・日本心臓財団研究奨励賞(1984年)

・朝日学術奨励賞(1984年)

・日本循環器学会第3回Young Investigator Award(1986年)

・日本循環器学会第1回八木賞(1992年)

・日本心臓財団(1997年)

・信州大学ベストレクチャー賞(1998,2000年)

・東京医科歯科大学ベストプロフェッサー賞(2003~2015年で7回受賞)

・日本心不全学会学会賞(2019年)

・日本医師会優功賞(2019年)

・ヘルシー・ソサエティ賞教育部門(2020年)

研究財団助成

・かなえ新薬研究会、持田記念医学薬学振興財団、三共生命科学研究財団、テルモ科学技術振興財団(1992年)

・細胞化学研究財団、金原一朗記念医学医療振興財団、朝日生命成人病研究所成人病研究助成、バイエル循環器病研究助成(1993年)

・武田医学研究振興財団、循環器病研究振興財団(1994年)

・小野医学研究財団、日本医師会医学研究助成(1996年)

・上原記念生命科学財団(1997年)

・武田医学研究振興財団報償基金(2000年)

・保険医療分野における基礎研究推進事業(医薬品救済機構)(2001-5年)

・テルモ科学技術振興財団(2005年)

・東京医科歯科大学・ソニー(株)包括連携プログラム(2012年)

・上原記念生命科学財団(2014年)

・喫煙科学財団(2015年)

ガイドライン作成委員

班長:心臓移植(2016年)、血管炎症候群(2017年)

班員:心筋炎、補助人工心臓、急性心不全、心臓サルコイドーシス、心不全、心筋症

企画:高齢者心不全の診療に関する提言(日本心不全学会)

業績

執筆(総計1420 件)

英文:総説・著書47 編、原著論文546 編(Cell, Science, Lancet, Nature Medicine を含む)

邦文:総説・著書723 編、原著104 編

I原著 論文
① 英文

1 Aoyama N, Suzuki J, Kobayashi N, Hamatani T, Ashigaki N, Yoshida A, Kaneko M, Shiheido Y, Sato H, Takamura C, Yoshikawa S, Matsuo K, Izumi Y, Isobe M: Periodontal Condition in Japanese Coronary Heart Disease Patients - A Comparison between Coronary and Non-Coronary Heart Diseases – J Periodont Res 54(3): 259-265, 2019
2 Ogawa S, Suzuki M, Ochi H, Saji M, Mahara K, Takamizawa I, Nishigawa K, Furuichi Y, Takanashi S, Isobe M: The clinical potential of Impella 5.0 support in the treatment of recurrent fulminant viral myocarditis with profound cardiogenic shock. Internal Med 2019 May 15;58(10):1459-1462.
3 Kitagawa T, Hidaka T, Naka M, Isobe M, Kihara Y; Current Medical and Social Conditions and Outcomes of Hospitalized Heart Failure Patients: Design and Baseline Information of the Cohort Study in Hiroshima. Circulation Rep. https://www.jstage.jst.go.jp/article/circrep/advpub/0/advpub_CR-20-0011/_article/-char/en 2020,3,15
4 Komuro J, Nagatomo Y, Mahara, K. Isobe M, Goda A, Sujino Y, Mizuno A, Shiraishi Y, Kohno T, Kohsaka S, Yoshikawa T: Clinical Scenario Classification for Characterization and Outcome Prediction of Acute Decompensated Heart Failure under Contemporary Phenotyping. Circ Rep 1(4):162-170, 2019
5 Yokoyama H,Tobaru T,Muto Y,Hagiya K,Higuchi R,Saji M,Takamisawa I,Shimizu J,Takanashi S,Takayama M,Tomita H,Tamura H,Doi S,Okazaki S,Isobe M Long-term outcomes in Japanese nonagenarians undergoing transcatheter aortic valve implantation: a multi-center analysis.Clin Cardiol in press 2019
6 Ashikaga K, Takanashi S, Nagayama M, Akashi Y, Isobe M: Physical performance as a predictor of midterm outcome after mitral valve surgery. Heart Vessel (published on line 10 April 2019)
7 Kamiya K, Yamamoto T, Tsuchihashi-Makaya M, Ikegame T, Takahashi T, Sato Y, Kotooka N, Saito Y, Tsutsui H, Miyata H, Isobe M: Nationwide survey of multidisciplinary care and cardiac rehabilitation for patinets with heart failure in Japan –An analysis of the AMED-CHF study- Circ J 83( 1546-1552, 2019
8 Ieki H, Nagatomo Y, Yagawa M, Mahara K, Iguchi N, Isobe M, Yoshikawa T;Impact of Pulmonary Artery to Aorta Ratio by CT on the Clinical Outcome in Heart Failure.Journal of Cardiac Failure 25(11):886-893, 2019
9 Saji M, Tobaru T, Higuchi R, Mahara K, Takamisawa I, Iguchi N, Doi S, Okazaki S, Tamura H, Takanashi S, Takayama M, Isobe M;The Usefulness of theTranscatheter Aortic Valve Replacement Risk Score to Determine Mid-Term Outcomes.Circ J 83(8): 1755-1761, 2019
10 Doi S, Suzuki M, Funamizu T, Takamisawa I, Tobaru T, Daida H, Isobe M: Clinical features of potential after-effects of percutaneous coronary intervention in the treatment of silent myocardial ischemia. Heart and Vessels 34(12):1917-1924, 2019
11 Nakayama H, Minegishi K, Yamaguchi T, Miyamoto T, Isobe M, Komuro I, Yazaki Y: Approval of Stroke and Cardiovascular Disease Control Act in Japan: Comprehensive nationwide approach for prevention, treatment and patient’s support. Int J Stroke 15: 7-8, 2019
12 Ogawa S,Suzuki M,Ochi H,Saji M,Mahara K,Takamisawa I,Nishigawa K,Furuichi Y,Takanashi S,Isobe M: The Clinical Potential of Impella 5.0 Support in the Treatment of Recurrent Fulminant Viral Myocarditis with Profound Cardiogenic Shock. Internal Medicine 58:1459-1462, 2019
13 Komuro I, Kaneko H, Morita H, Isobe M, Nakayama H, Minematsu K, Yamaguchi T, Yazaki Y : Nationwide Actions against Heart Failure Pandemic in Japan-What should we do from academia?-.Circ J 83(9):1819-1821, 2019
14 Isobe M, Amano K, Arimura Y, Ishizu A, Ito S, Kaname S, Kobayashi S, Komagata Y, Komuro I, Komori K, Takahashi K, Tanemoto K, Hasegawa H, Harigai M, Fujimoto S, Miyazaki T, Miyata T, Yamada H, Yoshida A, Wada T, Inoue Y, A. Uchida H, Ota H, Okazaki T, Onimaru M, Kawakami T, Kinouchi R, Kurata A, Kosuge H, Sada K, Shigematsu K, Suematsu E, Sueyoshi E, Sugihara T, Sugiyama H, Takeno M, Tamura N, Tsutsumino M, Dobashi H, Nakaoka Y, Nagasaka K, Maejima Y, Yoshifuji H, Watanabe Y, Ozaki S, Kimura T, Shigematsu H, Yamauchi-Takihara K, Murohara T, Momomura S on behalf of the JCS Joint Working Group;JCS 2017 Guideline on Management of Vasculitis Syndrome -Digest Version- Circ J. 2020 Jan 18. doi: 10.1253/circj.CJ-19-0773.
15 Endo J, Sano M, Izumiya Y, Tsujita K, Nakamura K, Tahara N, Kuwahara K, Inomata T, Ueda M, Sekijima Y, Ando Y, Tsutsui H, Isobe M, Fukuda K: A statement for the appropriate administration of tafamidis in patients with transthyretin cardiac amyloidosis. Circ J:84(1), 15-17, 2020
16 Terasaki F, Azuma A, Anzai T, Ishizaka N, Ishida Y, Isobe M, Inomata T, Ishibashi-Ueda H, Eishi Y, Kitakaze M, Kusano K, Sakata Y, Shijubo N, Tsuchida A, Tsutsui H, Nakajima T, Nakatani S, Horii T, Yazaki Y, Yamaguchi E, Yamaguchi T, Ide T, Okamura H, Kato Y, Goya M, Sakakibara M, Soejima K, Nagai T, Nakamura H, Noda T, Hasegawa T, Morita H, Ohe T, Kihara Y, Saito Y, Sugiyama Y, Morimoto S, Yamashina A on behalf of the Japanese Circulation Society Joint Working Group : JCS 2016 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Sarcoidosis –Digest Version-. Circ J 83:2329-2388, 2019
17 Tsutsui H, Isobe M, Ito H, Ito H, Okumura K, Ono M, Kitakaze M, Kinugawa K, Kihara Y, Goto Y, Komuro I, Saiki Y, Saito Y, Sakata Y, Sato N, Sawa Y, Shiose A, Shimizu W, Shimokawa H, Seino Y, Node K, Higo T, Hirayama A, Makaya M, Masuyama T, Murohara T, Momomura S, Yano M, Yamazaki K, Yamamoto K, Yoshikawa T, Yoshimura M, Akiyama M, Anzai T, Ishihara S, Inomata T, Imamura T, Iwasaki Y, Ohtani T, Onishi K, Kasai T, Kato M, Kawai M, Kinugasa Y, Kinugawa S, Kuratani T, Kobayashi S, Sakata Y, Tanaka A, Toda K, Noda T, Nochioka K, Hatano M, Hidaka T, Fujino T, Makita S, Yamaguchi O, Ikeda U, Kimura T, Kohsaka S, Kosuge M, Yamagishi M, Yamashina A on behalf of the Japanese Circulation Society and the Japanese Heart Failure Society Joint Working Group : JCS 2017/JHFS 2017 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute and Chronic Heart Failure -Digest Version-. Circ J 83 (10):2084-2184, 2019
18 Tsuchiya J, Tezuka D, Maejima Y, Bae H, Oshima T, Yoneyama T, Hirao K,Isobe M, Tateishi U: Takayasu arteritis: Clinicla importance of extra-vessel uptake on FDG PET/CT. Eur J Hybrid Imag 3:12, 2019
19 Nakaoka Y, Isobe M, Tanaka Y, Ishii T, Ooka S, Niiro H, Tamura N, Banno S, Yoshifuji H, Sakata Y, Kawakami A, Atsumi T, Furuta S, Kohsaka H, Suzuki K, Hara R, Maejima Y, Tsukamoto H, Takasaki Y, Yamashita K, Okada N, Yamakido S, Takei S, Yokota S, Nishimoto N; Long-term efficacy and safety of tocilizumab in refractory Takayasu arteritis: final results of the randomized controlled phase 3 TAKT study. Rheumatology, doi:10. 1093/rheumatology/kez630,2020
20 Okumura K, Tomita H, Nakai M, Kodani E, Akao M, Suzuki S, Hayashi K, Sawano M, Goya M, MD, Yamashita T, Fukuda K, Ogawa H, Tsuda T, Isobe M, Toyoda K, Miyamoto Y, Miyata H, Okamura T, Sasahara Y, for the J-RISK AF Research Group; Risk Factors Associated With Ischemic Stroke in Japanese Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation. JAMA Network Open 3(4):e202881,2020
21 Sugihara T, Hasegawa H, Uchida A. H, Yoshifuji H, Watanabe Y, Amiya E, Maejima Y, Konishi M, Murakawa Y, Ogawa N, Furuta S, Katsumata Y, Komagata Y, Naniwa T, Okazaki T, Tanaka Y, Takeuchi T, Nakaoka Y, Arimura Y, Harigai M, Isobe M, Japan Research Committee of the Ministry of Health, Labour, and Welfare for Intractable Vasculitis (JPVAS) ; Associated factors of poor treatment outcomes in patients with giant cell arteritis: clinical implication of large vessel lesions. Arthritis Res. Ther, 2020
22 Higuchi R, Saji M, Hagiya K, Takamisawa I, Shimizu J, Tobaru T, Iguchi N, Takanashi S, Takayama M, Isobe M;Transcatheter aortic valve implantation-related futility:prevalence,predictors,and clinical risk model.Heart Vessels,2020
23 Saitoh M, Saji M, Kozono-Ikeya A, Arimitsu T, Sakuyama A, Ueki H, Nagayama M, Isobe M;Hospital-acquired functional decline and clinical outcomes in older patients undergoing transcatheter aortic valve implantation.Circ J in press,2020
24 Isobe M: The Heart Failure “Pandemic” in Japan: Reconstruction of Health Care System in the Highly Aged Society. JMA J 2(2): 103-112, 2019

② 邦文

1 関口奈津子、樋口亮介 , 萩 谷健一 , 佐地真育 , 高見澤格 , 清水淳 , 桃原哲也 , 井口信雄 ,高山守正 , 高梨秀一郎 , 池亀俊美 , 磯部光章:経カテーテル的大動脈弁植え込み術後のCCU における管理とその必要性 ICU と CCU (集中治療医学)第 38 回東京 CCU 研究会 報告集(医学図書出版)第 43 巻 別冊号 2019:S47,2019 年
2 萩谷健一、桃原哲也 , 樋口亮介 , 清水篤 , 高見澤格 , 井口信雄 , 高梨秀一郎 , 高山守正 ,磯部光章:初診時に急性大動脈解離の診断に至らなかった1例 ICU と CCU (集中治療医学)第38 回東京 CCU 研究会 報告集(医学図書出版) 第 43 巻 別冊号 2019:S66 67,2019 年
3 四倉玲、井上完起 , 間淵圭 , 長瀨宇彦 , 谷崎剛平 , 新田順一 , 磯部光章 , 櫻井牧人 , 前田佳真 , 上田知実 , 嘉川忠博:心室中隔欠損症根治術後 19 年後に完全房室ブロックを認め,無名静脈の血管異常を認めたダウン症候群の 1 例 THERAPEUTIC RESEARCH41(3):166 169 ,2020II

II 招待講演

1 磯部光章: 「高安動脈炎の診断と治療 up to date 」第 63 回日本リウマチ学会総 会・学術集会ランチョンセミナー 9 、京都(中外製薬) 4 月 15 日
2 磯部光章: Reform of medical supply system in response to the establishment of basiclaw on the countermeasures against cardiovascular diseases 循環器疾患対策基本法のもとでの医療提供体制、第 12 回エリアエキスパート会議~「脳卒中・循環器病対策基本法」元年をむかえて~ 脳卒中の予防・治療の実際と今後の展望、ウェスティンホテル大阪(ファイザー株式会社) 、 6 月 1 日
3 磯部光章: 特別講演Ⅱ 脳卒中・循環器病対策基本法について これからの循環器疾患を考える会 倉敷アイビースクエア 、 6 月 29 日
4 磯部光章: Opening Remarks 第 19 回 TR Cardiovascular Seminar 榊原ホール 、 7 月 5 日
5 磯部光章: 「治す医療」から「治し支える医療」 へ 循環器病対策はこんなに変わる「脳卒中・循環器病対策基本法」制定とこれから“健康ハートの日 メディアセミナー『ハート・トーク20192019』丸ビルコンファレンススクエア』丸ビルコンファレンススクエア、、8月8日
6 磯部光章: これからの高齢者心不全診療 医師-患者の対話と全人的アプローチ 第3回みやぎ在宅医療勉強会 ホテルメトロポリタン仙台 、 8 月 30 日
7 磯部光章: 大きく変わった高安動脈炎の診断と治療 循環器・膠原病内科合同セミナー大型血管炎の早期診断と治療に向けて~日本医科大学武蔵小杉病院 、 9 月 9 日
8 磯部光章: 「高安動脈炎の新しい診 断と治療」第 10 回長崎循環器画像研究会 ザ・ホテル長崎 BW プレミアコレクション 、 11 月 5 日
9 磯部光章: 循環器病対策基本法と今後の心不全診療 榊原記念病院 WEB 講演会 循環器領域の『今』を知る 榊原記念病院 榊原ホール 大塚製薬) 、 1 月 29 日

III 雑誌特集企画編集

1 磯部光章: 日本医師会雑誌 生涯教育シリーズ 97 動脈硬化診療のすべて 監修・編集のことば 第 148 巻・特別号 (2):S19 2019 年 10 月 15 日
2 磯部光章、岡田浩一、高橋和久:特集 がんの分子標的薬 , 免疫療法薬の知っておきたい副 、 2020 年 1 月

IV 邦文総説 ・ 他

1 磯部光章:高安動脈炎は何故診落とされるか:問診と身体診察を再考する 脈管学会Newsletter No.30:5 6 、 2019
2 磯部光章:大型・中型血管炎の診断基準 新しい血管炎症候群の診療ガイドライン 「画像診断」 Vol.39 No.2 p 146 153 、 2019
3 磯部光章:新薬紹介 No.103 降圧薬 エサキセレノン 別刷 日本医師会雑誌148(5):936 937
4 磯部光章: 4 .呼吸器,循環器 心臓移植 内科学書 改訂第 9 版 Vol.1:258 259 2019年 8 月 30 日
5 磯部光章:編集後記 心臓第 51 巻第 8 号( 8 月号) 2019 年 8 月 15 日発行
6 磯部光章、秦野雄:日本医師会雑誌 生涯教育シリーズ-97 動脈硬化診療のすべて Ⅲ章 動脈硬化の診断 A 医療面接と診察診断第148巻・特別号(2):S152-154
7 齊藤正和、磯部光章:「ストップ CVD 」におけるリハビリテーションの意義 ー循環器病対策基本法の制定を受けてー 循環器内科 86(5):544 550 2019 月 11 月 28 日発行
8 磯部光章:「治す医療」から「治し支える医療」へ 循環器病対策はこん なに変わる ー「脳卒中・循環器病対策基本法」制定とこれからー 心臓財団 季報 第 237 号 :2 52019 年 12 月 10 日
9 磯部光章:Ⅰ症候編 6 .胸部・心臓系の症候 異常心音・心雑音 今日の診断指針 第 8版(医学書院) p 309 312 2020 年 3 月 25 日発行

V 教育講演

1 磯部光章 血管炎と診断の治療の進歩 血管炎症候群の診療ガイドラインを踏まえて、日本心臓病学会 教育セミナー アドバンスコース 血管病(虚血性心疾患・大動脈疾患・末梢動脈疾患)のUp-to-Date、一橋大学一橋講堂、2019年6月2日

VI 特別講演・他

1 磯部光章:「高安動脈炎の新しい診断と治療」、第 24 回日本冠動脈外科学会学術大会 ホテル日航金沢 2019 年 7 月 11 日
2 磯部光章:心サルコイドーシスの診断と治療:第 67 回日本心臓病学会学術集会教育講演17 名古屋国際会議場 2019 年 9 月 15 日
3 磯部光章:高安動脈炎の診断と治療:大型血管炎セミナー in 愛知 名古屋クレストンホテル 2019 年 9 月 18 日
4 磯部光章: 2019 年学会賞受賞講演 心臓移植医療の質の向上を目指して 第 23 回日本心不全学会学術集会 広島国際会議場 2019 年 10 月 5 日
5 磯部光章 AMED 心不全研究について、 AMED 心不全磯部班・分担研究「高齢心不全患者の医療・介護負担とリハビリ介入の効果に関する前向き研究」中間成績報告会、新潟、 2019
6 磯部光章 慢性心不全患者に対する多職種介入を伴う外来・在宅心臓リハビリテーションの臨床的効果と医療経済的効果を調べる研究、 2018 年度 6 事業合同成果報告会、東京、 2019
7 磯部光章 アドバイザー:大型 血管炎における治療戦略~ステロイド最小化を目指して~大型血管炎セミナー in 愛知 名古屋クレストンホテル ,2019.9.18

VII ガイドライン作成

心筋症診療ガイドライン(班員) 2019 年
高血圧治療ガイドライン(リエゾン委員 )2019 年 4 月
血管炎症候群の診療ガイドライン改訂版digest version 班長 英文 2020
急性・慢性心不全診療ガイドライン改訂版(班員)英文 2019
心臓サルコイドーシスの診療ガイドライン(班員) 英文 2019
心臓アミロイドーシス診療ガイドライン (外部評価委員 2020

VIII 市民・患者教育

1 磯部光章:市民公開講座 脳卒中・循環器病対策基本法に関して、「心臓・血管の病気と向き合う、体を守る」~脳卒中・循環器病対策基本法が私たちの生活にもたらすもの~、広島 、 5 月 19 日
2 「心不全と上手に付き合うには」動画 http://plaza.umin.ac.jp/isobegroup/download/

IX 研究助成

1 厚生労働省科学研究費 「地域のかかりつけ医等 を中心とした心不全の診療提供体制構築のための研究」 (磯部班 主任研究者
2 厚生労働省科学研究費 難治性疾患政策研究事業「難治性血管炎に関する調査研究班」(針谷班)分担研究者
3 厚生労働省科学研究費 難治性疾患政策研究事業特発性「心筋症に関する調査研究」 (筒井班)分担研究者
4 AMED科学研究費心房細動発症リスクと重症かリスクの層別化指標の確立を目的とした大規模コホート・レジストリー共同研究(奥村班)分担研究者
5 喫煙科学財団「 喫煙習慣による炎症惹起・活性化を起因とした動脈硬化症の発症機序の探索」グループリーダー

X 受賞

日本心不全学会学会賞 、 10 月
日本医師会優功賞 、 11 月
ヘルシー・ソサエティ賞「教育部門」 、 3 月

XI 論文査読 (2019 年度

Circulation、 New England Journal of Medicine、 Japan Medical Association Journal, Circulation Journal, 心臓

主要著書・出版

・移植免疫の最前線, 羊土社, 1994(編集)

・リヒャルト・シュトラウスのオペラ「平和の日」,第三文明社,1996(翻訳)

・CD-ROM で診る循環器疾患ケーススタディ. 救急シミュレーション, 羊土社,1998(単著)

・心筋症を識る、診る、治す.新心臓病診療プラクティス,文光堂,2007(編集)

・話を聞かない医師 思いが言えない患者,集英社新書,2011(単著)

・Electrocardiography A to Z. 心電図のリズムと波を見極める,日本医師会 2015(編集)

・高血圧診療の全て 日本医師会,2016(編集)

・症候から診断治療へ-循環器診療のロジックと全人的アプローチ,MEDSi 2017年(単著)

・動脈硬化診療のすべて 日本医師会,2019(編集)

特許

特許: 海外4件(米国3件、欧州1件)、国内2件