治療後の患者さんの
生活の質向上を
追求すること
それが私の使命

榊原記念病院 心臓血管外科 主任部長
帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科 主任教授

下川 智樹

心臓疾患に悩む多くの患者様に向けて

臨床家として大切にしているのは、患者さんが治療後にどのような生活を送りたいのかを考えて治療に臨むことです。
治療後に患者さんが望む生活を続けていけるよう最大限努めること、つまり治療後の患者さんのQOL(生活の質)を追求することが、医師としての使命と捉えています。

下川智樹について

心臓疾患に悩む多くの患者様に向けてイメージ
MICS(低侵襲心臓手術)とはのイメージ

狭心症や心筋梗塞後に対する冠状動脈バイパス術、心臓弁膜症(大動脈弁・僧帽弁・三尖弁)の患者さんが適応の体に負担が少ない手術

詳しくはこちら

新着情報

もっと見る

登壇公演・メディア掲載

ウェビナー

メディカルノートオンライン講座「心臓弁膜症」に登壇しました

詳しくはこちら

治療後の患者さんのQOL(生活の質)向上を追求すること、それが私の使命

治療後の患者さんのQOL(生活の質)向上を追求すること、
それが私の使命

詳しくはこちら

僧帽弁閉鎖不全症とは?――その原因と症状

僧帽弁閉鎖不全症とは?――その原因と症状

詳しくはこちら

治療後の患者さんのQOL(生活の質)向上を追求すること、それが私の使命

僧帽弁閉鎖不全症の治療――手術と小さい創で行う“MICS”について

詳しくはこちら

治療後の患者さんのQOL(生活の質)向上を追求すること、それが私の使命

僧帽弁閉鎖不全症の治療において
大切なこと

詳しくはこちら

下川智樹に無料メール相談

心臓手術をに関する無料相談。
受診予約も可能です。
お気軽にお問い合わせください。

 

治療の特徴

患者さんのこれからの生活を考えた、より低侵襲な治療を行います。

  • MICS(低侵襲心臓手術)とは

    狭心症や心筋梗塞後に対する冠状動脈バイパス術、心臓弁膜症(大動脈弁・僧帽弁・三尖弁)の患者さんが適応の体に負担が少ない手術

    詳しくはこちら

  • 心臓病に対するロボット手術とは

    近年は医学が進歩したことにより、小さな傷かつ胸骨を切らずに肋骨(ろっこつ)の隙間から行う患者さんの負担を抑えた手術方法が登場しています。今回はその中でも、手術用ロボット“ダヴィンチ”を使った心臓手術についてご紹介します。

    詳しくはこちら

  • 心臓弁膜症の治療方法とは ~MICSやカテーテル治療、ロボット支援下手術について解説~

    心臓弁膜症とは、心臓の中で血液の逆流などを防ぐはたらきをしている“弁”がうまくはたらかなくなることによって、心臓に強い負荷が生じる病気です。初期段階では自覚症状のない方もいますが、進行すると心不全などの症状が現れることがあります。

    詳しくはこちら

  • 低侵襲冠動脈バイパス手術(MICS-CABG)とは ~虚血性心疾患に対する治療法を解説~

    冠動脈バイパスグラフト術(CABG)は、体の他の部位の静脈や動脈を使い、狭窄や閉塞のある部位を通らず迂回して流れるようにします。

    詳しくはこちら

  • マイトラクリップを用いたカテーテル治療~僧帽弁閉鎖不全症の治療方法を解説~

    心臓の中にある“僧帽弁”がうまく閉じなくなることにより、血液が逆流してしまう病気を“僧帽弁閉鎖不全症”といいます。僧帽弁閉鎖不全症は“心臓弁膜症”と呼ばれる病気の1つで、軽度の場合には無症状の方もいますが、進行すると体の・・・

    詳しくはこちら

  • TAVIとは ~大動脈弁狭窄症の治療方法について~

    心臓の中にある弁の1つ“大動脈弁”がうまく開かなくなり、血流が滞ってしまう病気を“大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)”といいます。 大動脈弁狭窄症にはさまざまな治療方法がありますが、その中の1つに“経カ・・・

    詳しくはこちら

所属医療機関について

所属する2病院の特徴を活かし、患者さんにあった手術を行います

榊原記念病院

榊原記念病院は、心臓領域に専門特化した治療・検診・診療を行う施設です。疾患や年齢・性別に関係なく、あらゆる症状に対して地域の医療機関と連携をしながら、患者さんに納得していただける診療を行います。

詳しくはこちら

榊原記念病院

帝京大学医学部附属病院

帝京大学医学部附属病院では、最新の医療設備と医療機器を活用し、質の高い技術により、一人一人が満足できる医療を提供できるように目指しています。総合病院の強みを生かし、患者さんに「多様な治療方法」を提示・提供できるよう努力しています。

詳しくはこちら

帝京大学医学部附属病院

心臓の病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

患者様のADL向上につながる手術を
目指しています。

セカンドオピニオン

治療の適応や妥当性、治療施設に関する相談など、
遠方の方でもお気軽にご利用いただけます。

所属する2病院の特徴を活かし、
患者さんにあった手術を行います

榊原記念病院

榊原記念病院は、心臓を専門とする病院のため、年齢が若く、心臓にのみ病気がある患者さんの治療を多く行っています。ここでは、3D内視鏡を用いて低侵襲心臓弁膜症手術(僧帽弁形成術、大動脈弁置換術、三光弁形成術等)を行なっています。

住所
〒183-0003 東京都府中市朝日町3-16-1
診療受付時間
月曜~金曜 9:00-16:00(祝日年末年始除く)
休診日
土、日、祝日

榊原記念病院について

帝国大学医学部附属病院

帝京大学医学部附属病院は、総合病院のため、合併症が多くある患者さんでもほかの診療科の医師と協力しながら治療を行うことができます。手術支援ロボットダビンチを用いて、低侵襲心臓弁膜症手術(僧帽弁形成術等)を行っています。

住所
〒173-8606 東京都板橋区加賀2-11-1
診療受付時間
平日 9:00~17:00 土曜 9:00~12:30
休診日
日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)、創立記念日(6月29日)

帝京大学医学部附属病院について

榊原記念病院 心臓血管外科 主任部長
帝京大学医学部附属病院 心臓血管外科 主任教授
下川 智樹
心臓弁膜症、冠動脈疾患、大動脈疾患、心房中隔欠損症へ
の手術方法や実績をご紹介。