WATCHMANを用いた 左心耳閉鎖治療を開始します

WATCHMAN(ウォッチマン)を用いた 左心耳閉鎖治療について

2019年2月、ボストン・サイエンティフィックジャパン株式会社が、非弁膜症性心房細動による脳卒中を予防する左心耳閉鎖システム「WATCHMAN左心耳閉鎖システム」の薬事承認を取得しました。当院では、2019年秋から心房細動の治療として、このWATCHMANを用いた左心耳閉鎖治療を実施いたします。

心房細動と心原性脳梗塞

心房細動は高齢者に多い不整脈であり、心臓内の電気信号により、心房が不規則に動くことをいいます。日本では、高齢者人口の増加に伴い、患者数が増えている疾患で、2010年度の患者数は約80万人以上と推定されます。

特に左心房から耳たぶ状に突出する左心耳は、血栓が形成されやすい部分で、心房細動が原因の血栓の多くはこの左心耳で発生します。この心房細動は、突然大きな脳血管を閉塞し(心原性脳梗塞)、重度の機能障害や場合によっては死に至ることがある疾患です。。これは、心臓が小刻みに振動することにより血栓が生じやすくなり、この血栓が心臓から脳の血管に移動し、血管を詰まらせまるために生じる疾患です。
心原性脳梗塞を防ぐためには、左心耳における塞栓の形成を予防することが重要です。

c 2019 Boston Scientific Corporation. All rights reserved

左心房の一部で,耳たぶ状に突出しています。成人ですと、およそ親指程度の大きさです。

従来の予防治療

従来、心原性脳梗塞の予防のために左心耳を外科的に切除したり、クリップを使って左心耳を閉鎖する手術が行われてきました。しかし、開胸を必要とすることから、高齢者の患者さんには、低侵襲治療が求められていました。

左心耳閉鎖治療

左心耳閉鎖デバイス(WATCHMAN)を用いた左心耳閉鎖治療とは、先端にデバイスを付けたカテーテルを静脈に挿入し、心房中隔を穿刺して左心房に到達させたのち、心臓に達した時にデバイスを膨らませ、左心耳の入口に留置する手技です。

c 2019 Boston Scientific Corporation. All rights reserved
c 2019 Boston Scientific Corporation. All rights reserved

左心耳の入り口にデバイスを留置したイメージ図

c 2019 Boston Scientific Corporation. All rights reserved
c 2019 Boston Scientific Corporation. All rights reserved

左心耳閉鎖治療のメリット

ワーファリン等の抗凝固薬は服薬管理が難しく、出血性合併症のリスクもあります。様々な事情で抗凝固療法を継続できない方や、抗凝固薬を内服しても血栓塞栓症を発症してしまう方がいます。このような方にメリットがあります。

当院の体制・強み

スペシャリストによるハートチーム

当院では、高度なカテーテル治療の技術を持つ循環器内科医、心臓外科医、麻酔科医、心臓画像診断専門医や、ME(臨床工学技士)、看護師、放射線技師、その他コメディカルなど、様々な職種の専門家によるハートチームを形成しています。

担当医師

副院長 循環器内科 主任部長 新田 順一

循環器内科 部長 髙見澤 格

循環器内科 医長 佐地 真育

循環器内科 医員 福永 寛

治療の相談を希望される場合

  • 患者様からのお問い合わせ042-314-3111(代表 平日9:00~16:00)
  • 医療機関様からのお問い合わせ 042-314-3142(連携室 平日9:00~17:20 毎月奇数週の土曜日9:00~13:00)