Takayama Morimasa

肥大型心筋症センター長

高山 守正

Morimasa Takayama

メッセージ

心血管集中治療、カテーテル治療領域で創始期から冠動脈疾患、弁膜症のカテ治療の開発と普及に貢献、閉塞性肥大型心筋症へのPTSMAは本邦第一の経験で全国を指導。 近年は構造的心疾患への先進的カテーテル治療に取組み、ASD閉鎖治療、経カテ大動脈弁植込術(TAVI)の導入・普及の中心を努めます。東京都の急性心血管疾患の地域連携診療組織(東京都CCUネットワーク)を行政・消防救急・医師会と72病院で運営しています。「病む人に笑顔を取り戻す」が目標です。

経歴

昭和52年 日本医科大学医学部卒 日本医科大学第1内科入局
昭和59年 New Zealand, Auckland 大学付属Greenlane病院 臨床留学、循環器科CCU勤務、 昭和63年-平成2年 国家公務員等共済 稲田登戸病院循環器科医長
平成 3年 日本医科大学付属病院第一内科・CCU&ICU、集中治療室医局長・ 講師(H4)
平成12年 日本医科大学内科学第一講座講師
平成19年 日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院 循環器内科部長 (H20副院長)

所属学会

日本循環器学会(循環器救急医療委員会委員)、日本集中治療医学会(評議員)、日本心臓病学会(理事)、日本冠疾患学会(評議員)、日本経カテーテル心臓弁治療学会(副理事長)、日本登山医学会(評議員)、日本救急医学会、欧州心臓学会(ESC)、欧州心血管カテーテル治療学会(FEAPCI), ESC急性心疾患治療(ESC-ACCM)

学会指導医等

日本内科学会認定医(H3)、日本循環器学会専門医(H4)、日本集中治療医学会専門医(H6)、日本心血管インターベンション治療学会専門医(H13)、日本高血圧学会指導医(2012)

診療ガイドライン作成

肥大型心筋症ガイドライン、ST上昇型急性心筋梗塞ガイドライン、急性冠症候群ガイドライン、循環器医のためのCPR・ECCガイドライン、循環器診療における検査治療機器の使用保守管理に関するガイドライン、 構造的心疾患へのインターベンション治療ガイドライン、日本人のための高山病と関連疾患のガイドライン

社会活動

東京都CCU連絡協議会会長、PMDA専門委員、TAVR関連学会協議会委員、山岳診療(北ア薬師岳・富士山)