Haruo Aramoto

末梢血管外科 部長

新本 春夫

Haruo Aramoto

メッセージ

当科で主に扱う疾患としては、胸部下行大動脈瘤、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー氏病、バージャー病)、急性動脈閉塞症、下肢静脈瘤、下肢静脈血栓症、下肢浮腫(リンパ浮腫)などです。一部の疾患を除き、慢性疾患が多く、患者さまの QOL(生活の質)を低下させる疾患が多いことが特徴です。治療方針については、納得のいく、十分な説明を行った上で決定していきたいと考えています。

経歴

1979年 開成高校卒業
1985年 東京大学医学部医学科卒業
1989年 東京大学医学部附属病院 第一外科入局
1996年 東京大学医学部附属病院 血管外科 助手
1997年から2年間 米国ニュージャージー州立医科歯科大学医学部 血管外科学教室 留学
2004年4月から 榊原記念病院 末梢血管外科 部長

所属学会

日本外科学会(指導医)、日本脈管学会(評議員)、日本静脈学会(評議員)、日本血管外科学会(評議員)、日本心臓血管外科学会(国際会員)、日本循環器学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会

学会指導医等

日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医、日本脈管学会専門医、ステントグラフト(胸部および腹部)指導医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医